店名『tao』

店名のtao(タオ/道)とは古代中国の哲学者『老子』の教えを表すコトバです。


今から25年ほど前、『タオのプーさん』という本で、私は初めて『タオの教え(=道教)』に出会いました。





この本は、くまのプーさんの“自然体で素朴な性質”とタオの教えの“無為、自然、あるがまま”をリンクさせてわかりやすく説明したタオの入門書です。


読みやすいので、ご興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。


この本で印象に残っている言葉があります↓↓↓


『学識のある者は、丸い穴にどうやったら四角の木釘が入るのか?…と考える。

たが、

タオに通じる者は、丸い穴には丸い木釘、四角い穴には四角い木釘しか入れない。だけど、全て完璧に成し遂げられる。』



この本を読んでから、タオの深淵さに興味を持つようになりました。



タオの教えに『無為、自然』という言葉があります。



『無為、自然』とは、作為的な事をするのではなく、自然の摂理に従う事を表しています。


私は無宗教ですが、タオの教えが大好きで、強いていうならこの道教の信者かもしれません^ - ^


そんなタオ好きの私ですが…


実は、この店名をつけたのは、私ではなく、スタッフの黒澤望美ちゃんなのです。



(↑一緒に京都旅行に行った時に、たこ焼き屋でくつろいでいる望美ちゃん)



最初は、バランス、調和、美を表す言葉のHOZHOと名付けるつもりだったのですが、



その時期にたまたまアドバイスを頂いた方に『自分で考えたのではない名前にしなさい』…と言われ、



私だけでなく、みんなのお店にしたいという想いがあったので、スタッフに考えてもらうのも良いかもしれない…と思い、



店名を考え直す事にしました。



ただ、オープンまで時間があまりない時期に頂いたアドバイスだったので、



ゆっくり考えている時間はあまりないから、インスピレーションで受け取ってー…とお願いしたところ、



スタッフの望美ちゃんに“タオ”というイメージが湧き、



タオの意味もよくわからない望美ちゃんからタオと言う言葉を聞いた時は、ホント驚きましたが…



結果的に、大好きなtaoを店名にする事になり、不思議に思っています。



これが、店名をtaoと名付けた由来なのでした^ - ^


2016.02.01 Monday 10:25 | - | comments(0) | -
Comments
Post a Comment.